印鑑に関するお役立ち情報

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑に関するお役立ち情報

特に実印は大切なもの。 日本は、「はんこ社会」と言っても過言ではありません。
私たちが目に触れるどんな書類にも、署名とともに、捺印がされています。

普段、日常生活において何気なく使用している印鑑のなかでも、特に「実印」は大切なものであるという自覚を持っていただくために、 その実印と印鑑証明書を必要とする場合、
また、印鑑登録の仕方、印鑑証明の発行方法について具体的にあげました。

本当に実印・印鑑証明が必要かどうかを判断し、印鑑を悪用されてしまうことがないように、
慎重に取り扱うようにしましょう。

実印を使っていく場面とその保管方法
何か重大な取引などの時に、なくてはならないものはいくつかありますが、その中でも準備しておかなければいけないものが、実印になります。
作るだけでは効果がなく、住民票を置いている市区町村に自分のものであるということで、印鑑登録をしておかなければ、効力を発揮することができません。

どんな取引の場合に使っていくのかといえば、なくてはならないのがマンションなどの不動産取引です。
売る場合も買う場合もなくてはならず、これにともなうローンなどに関しても必要になってきます。
同じようなもので、契約書や公証証書などの作成に関しても、実印がなくては効力を発揮することができなくなってしまうのです。
実印を使う場面には、会社の設立もあります。
会社の実印も必要になってきますが、個人の実印も必要になってくるのです。

必要になってくる取引という物は、高額な取引であったり、登記に関するものであったりすることがほとんどです。
お互いを信用するためにも、非常に重要な存在になっているといえるわけです。

それだけに悪用されたときには、かなりの痛手を被ることになってしまいます。
特に住所を特定されたり、印鑑登録証などとともに悪用されたりすれば、損害が非常に大きくなってしまいます。
保管には、重々気を付けていかなければいけないものですし、必要であれば銀行の貸金庫などを利用して、安全な場所に保管するぐらいのリスクマネジメントも必要になってくるものなのです。

印鑑関連のサブトピック