印鑑登録をしなければ実印とはならないがなんでも登録できるわけではない

印鑑お役立ち情報【印鑑辞典】

印鑑登録とは

「実印」とは印鑑登録をした印鑑のことです。 印鑑を実印としての効力を発揮させようとした場合、どんなに高級な印材を使い、印鑑を作り上げたとしても、実印としての効力を持つわけではありません。
これは通販サイトなどで購入したとしても同じことで、実印として売られているものであっても、印鑑登録をしていなければ、実印ではないのです。

印鑑登録は、登録したい人が住んでおり住民票が置いてある市区町村に対し、申請を行っていきます。 自分がここにしたいと望む場所にできるわけではありません。
印鑑登録する場合には、印鑑の印影を登録していくわけですが、どんなものでも無条件にできるわけではなく、要件が決まっています。
ただし、この要件は条例によって定められているために、市区町村ごとに少しずつ違いがあり、すべてが同じわけではないため、各行政に対し確認が必要です。

ですが、明らかにこれはできないというものも存在します。
印影が判別できないようなものは、まず印鑑登録はできません。
そして、個人のものであるという唯一性を保つためにも、誰かが登録してあるものに関しては、申請することができません。
そのため、量産性が高く複数の同型印が存在するようなゴム印などは、変形の恐れなどもあるため、申請することはできないものになります。

大きさに関しても、8mm以上で25mm以下の正方形に収まることというのは、どこでも同じ要件になってきます。
そのため、印鑑登録に使う印鑑は、必ずしも丸である必要はなく、四角の印面でも楕円でも問題はないということになるのです。

印鑑登録にはサイズが決められているのか

実印とは、住民票がある市区町村に、この印影は自分のものであるということで、登録することで初めて成立するものです。
登録が済んでいなければ、印鑑証明は発行されませんので、効力はありません。
そのため、登録されていない印鑑に関しては、どんなに高級印材でできていたとしても、認印と同じものなのです。

この印鑑登録には、色々な要件がついています。
日本全国共通のものもありますが、市区町村の条例によって定められるために、統一した要件ではなく、それぞれに違いが出てくるのです。
特に、市区町村の長が適切ではないとした印鑑に関しては認めないとしているため、ほかの市区町村では認められるものであっても、その限りではないと宣言しているわけです。

そんな要件の中でも、印鑑登録に使うもののサイズに関しては、日本全国共通のものになっています。
8㎜以上25㎜以下の正方形の枠の中に入ることという決まりがあります。
8㎜というのは、一般的な印鑑であればクリアできる大きさであり、25㎜ともなれば、かなり大きな印鑑です。
一般的なレベルで考えれば、大体問題はないサイズだといえるわけです。
このサイズに当てはまるものであれば、適切ではないといわれるようなものでなければ、楕円形や四角でも印鑑登録をすることができるものになるのです。
こういった形のものを作るということは、運勢が悪くなるなどとも言われますが、ただの道具でしかないため、気に入ったものがあれば、確認してみるということも重要なことになってくるはずなのです。

あわせて読みたい関連ページ